ネイル資格について

ネイル資格を取るメリットとは

ネイリストになるためにネイル資格を取得しよう

ネイリストに求められる技能検定について

ネイリストになるためには、特に資格が必要と決まっているわけではありません。ですが、実際にサロンの求人などでは、条件として挙げているケースがほとんどだと思います。では、具体的には、どのような資格が求められるのでしょうか。まずは、JNECネイリスト技能検定試験の2級以上のレベルがあげられます。JNECネイリスト技能検定試験は、日本ネイリスト協会(JNA)が主催しており、1級から3級までのレベルに分けられています。1級は、トップレベルとして通用するネイリストクラスで、総合的で専門性の高い技術と知識が必要とされます。2級は、一般的なサロンで通用するレベルで、ネイルケアとリペアやチップ&ラップの他、ネイルアートに関する専門的知識や技能が求められます。3級は、ネイリストベーシックをマスターし、さらにネイルケアやネイルアートの知識や技術が必要です。2級からはハードルがかなり高いので独学での合格は難しく、スクールに通って技術を習得することが必要になると思います。

ジェルに特化した技能検定もある

ジェルに特化したものとしては、JNAジェルネイル技能検定があります。こちらは、サロンワーク全体の知識とともに、ジェル特有の施術技法などを実技と筆記で判定するものです。レベルは、初級と中級と上級に区分され、サロンワークとして通用するには、中級以上のレベルが求められます。JNAジェルネイル技能検定は、ジェルネイルの普及にともなって徐々に知られてきた資格ですが、求人の条件として必ず求められるというものではありません。ジェルに特化した資格よりも、サロンワーク全体の知識や技術をメインに身に付けられる資格の方が、職場での即戦力になるといえるでしょう。従って、就職を視野に入れて取得するのであれば、やはり、まずはJNECネイリスト技能検定の2級以上を目指すべきだと思います。

スクールで技術と知識を身に付けよう

ネイリストになるためには、独学よりも、自分に合ったスクールで学ぶのが一番の近道だと思います。もちろん、検定試験合格を目指すコースもあるので、是非チャレンジしてみましょう。資格を取得しておけば、ネイリストとしての自分のレベルをアピールすることができ、就職に役立つばかりではなく、お客様に高い技術を提供することができるので、指名も受けやすくなるでしょう。将来はネイリストとして独立して開業したいと考えている方は、サロンで実践力を身に付けながら、より上級レベルの検定を目指すのも良いと思います。

人気記事ランキング